いわさき内科・皮ふ科 群馬県前橋市稲荷新田町・地域に密着した診療

お問い合わせ Tel.027-212-1010 内科19時まで、土曜日は17時まで

ネット予約はこちら

スマホ予約はこちら

新着情報 医院からみなさまへお知らせ

iwasaki

医院からのお知らせ

2016年06月18日
アレルギーマーチ

*****アレルギーマーチってなに?*****

 乳児期に食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎になり、幼児期になると、かぜの後にゼイゼイするようになり、その後、ハウスダストなどによる小児喘息を起こし、学童期にはアレルギー性鼻炎の発症といったアレルギーの連鎖現象が年齢と共に同じ人に次々と発症し、まるでマーチ(行進)しているかのように変化していくことからアレルギーマーチと名づけられました。

 からだには免疫システムがあり、病原体などからからだを守る機能が備わっています。アレルギーとは無害な物質に対しても過剰な攻撃(IgE抗体などを産生)をしてしまうことでおこります。 ある1つのアレルギー物質に対してIgE抗体を作ってしまうと次々とほかの物質に対してもIgEを産生しやすくなってしまいます。

 また、成長するにつれてアレルギーを発症する臓器が、消化管、皮膚⇒気管⇒鼻粘膜、眼の結膜と移動します。これが、次から次へとアレルギー疾患が発症(アレルギーマーチ)する仕組みです。

 *****アレルギーマーチの対策は?*****

赤ちゃんの口周囲の皮膚荒れ、皮膚バリア低下部位より、食物がアレルギー物質と認識(アレルギー感作)されて食物アレルギー/アトピー性皮膚炎を発症すると考えられています。

 アレルギーマーチの対策としてできることは、除去療法・生活環境改善・薬物療法の3つです。

 ・除去療法:アレルギーの原因となっている食物、物質を除去する。

 ・生活環境改善:こまめに掃除をしてダニやハウスダスト等を減少させる。

 ・薬物療法:保湿剤等による皮膚バリアー保持。

      抗アレルギー薬にてアレルギー炎症をおさえる。

上記対策にて、アレルギーマーチの上流(食物アレルギー/アトピー性皮膚炎)を止めれば、下流(ぜんそく、アレルギー性鼻炎)の発症予防ができることになります。

 もしもお子さんがアレルギーマーチを発症してしまったら、これらの対策を行いましょう。

トップページへ戻る
新着情報一覧へ戻る